イラクの国土はいびつな三角形をなしており、東西870km、南北920kmに及ぶ。 国土の西端はシリア砂漠にあり、シリア、ヨルダンとの国境である。北端はトルコとの国境で、クルディスタン山脈に位置する。

東京熱

イラク
略名 イラク
日本語国名 イラク共和国
政体 連邦共和制
公式国名(アラビア語)(クルド語)
国旗画像 Flag of Iraq.svg
国章画像 ファイル:Coat of arms (emblem) of Iraq 2008.svg 80px イラクの国章
国章リンク (イラクの国章 国章)
標語 ???? ???? (allahu akbar)(アラビア語: 神は偉大なり)
位置画像 LocationIraq.png
公用語 アラビア語、クルド語4つのクルド地方では第一公用語
首都 バグダードクルディスタン地域 クルド人自治区の首府はアルビール
最大都市 バグダード
元首等肩書 イラクの大統領 大統領
元首等氏名 ジャラル・タラバニ ジェラル・タレバニー
首相等肩書 イラクの首相 首相
首相等氏名 ヌーリ・マリキ ヌーリー・アル=マーリキー

イラク日本人人質事件
イラク日本人人質事件(いらくにほんじんひとじちじけん)とはイラク戦争に関連して、2004年、イラク武装勢力がイラクに入国している日本人を誘拐・拘束し、自衛隊を撤退などをもとめた一連の事件である。これは米軍のファルージャ攻撃を境として頻発した、数ある外国(非イラク)人拉致事件の一部である。
当時、日本政府は、イラクへの渡航自粛勧告とイラクからの退避勧告を行っていたが、一方でイラクでの日本のNGOのボランティア活動を公然と支援していた。この一連の事件について、日本国内で自衛隊の撤退を要求するデモが実行され、また
被害者に対する批判、さらにその批判に対する批判で国内政治家・マスコミ・世論が様々な見解をぶつけるなど、日本国内の注目を集めた。

イラク人質事件
『イラク日本人人質事件』より : イラク日本人人質事件(いらくにほんじんひとじちじけん)とはイラク戦争に関連して、2004年、イラク武装勢力がイラクに入国している日本人を誘拐・拘束し、自衛隊を撤退などをもとめた一連の事件である。これは米軍のファルージャ攻撃を境として頻発した、数ある外国(非イラク)人拉致事件の一部である。
当時、日本政府は、イラクへの渡航自粛勧告とイラクからの退避勧告を行っていたが、一方でイラクでの日本のNGOのボランティア活動を公然と支援していた。この一連の事件について、日本国内で自衛隊の撤退を要求するデモが実行され、また
被害者に対する批判、さらにその批判に対する批判で国内政治家・マスコミ・世論が様々な見解をぶつけるなど、日本国内の注目を集めた。

イラク戦争
battle_name=イラク戦争
campaign=
caption=左上から、サーマッラーをパトロールする米軍兵士、倒されるサッダーム・フセイン サダム・フセイン像、バグダッド南部で爆発する即席爆発装置 IED、小銃を構えるイラク軍兵士
conflict=イラクによる湾岸戦争の停戦義務違反対テロ戦争の一環
date=2003年3月20日 - 継続中
place=イラク
result=(継続中)
フセイン政権が崩壊
連合軍がイラクを占領
戦闘がゲリラ化
選挙を実施・新政権が誕生
主導権争いなどにより内戦化
米議会多数党と政権党が共和党から民主党に交代
commander1=サッダーム・フセインイッザト・イブラーヒームムクタダー・サドルアブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィー
commander2=ジョージ・W・ブッシュトミー・フランクストニー・ブレアヌーリ・マリキウィリアム・コンウェイバラック・オバマ

イラクの自由作戦
『イラク戦争』より : イラク戦争(イラクせんそう)はアメリカ合衆国が主体となりイギリス、オーストラリアなどが加わり、イラクに対して侵攻した戦争である。
米英が主張した開戦事由は以下の通り。
イラクは大量破壊兵器の保有を過去公言し、かつ現在もその保有の可能性が世界の安保環境を脅かしている
対内的に強度の圧政を行っている
度重なる国連査察の妨害により、大量破壊兵器の廃棄確認が困難である
度重なる査察妨害によって、湾岸戦争の停戦決議である国連安保理決議1441が破られている
概ね以上により、イラクを中東の脅威であり、武装解除を目的とした武力行使と主張し、開戦した。フランス、ドイツなどが、開戦するなら1441以外に新たな安保理決議を付加すべきと主張したが米英及び同盟国はその必要無しとして、上記の事由のみに基づき開戦に踏み切った。また、フランスは議論の初期には主戦派で、地中海にいた原子力空母「シャルル・ド・ゴール (空母) シャルル・ド・ゴール」のペルシャ湾派遣準備を進めていることがTVニュースなどでも盛んに報じられていたが、後になって態度を翻した。